活性酸素と糖尿病の関係とは | 水素水の効果

糖尿病に効果のある水素水について活性酸素は、酸素をエネルギーとして体内で行われる代謝の過程で生まれる物質です。

非常に強い酸化力を持っているのが特徴で、その酸化力を活かして病原性の細菌が体内に侵入してきた際には、それを殺菌、除去する役割を担っています。

また肝臓の解毒作用を助ける役割も担っています。

ただし活性酸素の量が、体内で分解できる以上になると、酸化力は細胞に向けられてしまいます。

細胞膜を酸化させることから始まって、やがてその影響は細胞そのものにも及んでしまいます。

 

するとたとえば、それが肌の奥深くで発生すると弾力や潤いを保ってる成分が破壊されてしまい、たるみが発生してしまいます。

あるいは臓器の一部で発生すると、臓器そのものが傷つけられるために疾病の原因にもなってしまいます。

 

また活性酸素によって細胞の核や、遺伝子情報までもが傷つけられてしまうと、ガン細胞が誕生することにもつながってしまうと言うことも明らかになっています。

そして最近では、活性酸素によるダメージが生活習慣病のひとつである糖尿病の発症にもつながっているのではと言うことも、明らかにされつつあります。

 

活性酸素がインスリンの分泌に影響を与えている

糖尿病の怖さ糖尿病とは、一言で言うと体内の血糖値、血中に溶け込んでいる糖分の値を調節することができなくなる病気です。

糖尿病そのものも恐ろしいのですが、それによって引き起こされる合併症、腎症や網膜症、神経障害なども非常に恐ろしく、厄介であるのが特徴です。

血糖値を調節できなくなる理由はいくつかありますが、ひとつには血糖値を下げる役割を果たすインスリンの分泌がうまくいかなくなることが挙げられます。

ちなみにインスリンは膵臓で分泌されています。

そして活性酸素によって、特にインスリンの生成及び分泌作用を担っているβ細胞が傷つけられてしまうとインスリンの分泌にも影響が出てきてしまい、結果として糖尿病の発症する確率が高くなると言われています。

勿論、糖尿病が発症する原因はこればかりではありませんが、活性酸素がその一端を担っていると言うことが明らかにされている以上は、個人においてその発生を防ぐことが重要です。

 

水素水は悪玉活性酸素だけ除去するので肝臓の解毒作用に影響しない

水素水を利用している医者水素水の効果が優れている点が、悪玉活性酸素にだけ反応することです。

悪玉活性酸素は、善玉活性酸素より酸化力が強いため、水素水は強い酸化力にのみ還元作用を発揮します。

ですので、体本来が持っている治癒力に栄養する体内の抗酸化力を衰えさせずに、体の体質を改善してくれます。

もちろん、もとは水ですから副作用や食事制限などには影響されません。

今では、糖尿病治療に水素水が活用されている機関もあるほどであり、それを手軽に利用することが出来るので、長い間糖尿病で辛い経験をしている方には、試してみる価値があります。

高濃度の水素水比較記事

 

コメントは受け付けていません。