トラストウォーターの購入レビューと濃度測定 | H2ラボ

トラストウォータの特徴は、飲み口のないアルミパウチの水素水と通常の大気圧では1.6ppmが溶存水素の限界ですが、真空充填方式という独自の充填技術により、充填時の水素水濃度は、3.0ppmと高濃度の水素水です。

トラストウォーターの公式サイトでは、商品を注文してから約10日で発送との事でしたが、実際に購入してから、4日後に商品が届きました。

トラストウォーター商品が届いた

購入方法は、私は販売サイトからネット注文しましたが、電話注文、FAX注文にも対応しています。

 

電話注文が手間がかからないですが、ネット注文は注文内容や金額など注文履歴など残せます。

もし、「商品が届かない・違う商品が届いた」などという時に安心ですよ。

トラストウォーターが2つの箱で届くのにはメリットがあった!

今まで購入してきた水素水の商品は、すべて1箱で届いていました。

 

ですが、トラストウォータは400ml×15本セットが2箱で届きました。

 

最初、届いたときは「なぜ2箱?」と疑問に思いましたが、これにはメリットがあることに気づきました!

 

水素水商品の内容は、1本当たり400mlや500mlのものがほとんどで重たいです!!

これが1ヵ月分30本になると15,000ml。

 

重量で約17kgほどの重さです。

トラストウォーターの容量

イメージで言うと500mlのペットボトル30本の重さですよ。

これが自宅の玄関にドン!って置かれていくと、運ぶのって結構しんどいです。

 

特に水素水は女性の方の利用者が多いので、意外と辛い力仕事になります。

 

でも、トラストウォーターは、2箱に分けているので、持ち運ぶ重さも半減!

1箱約7kgです。

 

これならリビングやキッチンまで楽々運べますよね。

 

そして、もう一つのメリットですが、置き場に悩みにくいです。

2つの箱に分けているので、横に並べても良いですし、置き場が狭ければ、積み重ねて置くこともできます。

 

また使用する1箱だけ取りやすい場所において、残りは押入れなどに保管するなども出来るので、キッチン周りなどがスッキリします。

 

トラストウォーターの水素水商品レビュー

トラストウォーターの1本の容量は400ml。

トラストウォーターの中身

500mlが多い水素水商品の中で、少し少なめです。

 

量に関しては、利用者の意見で分かれるでしょうが、500mlは開封してから飲み切るには内容量が多いと思う私としては、良いと思います。

内容量が少ないといっても、溶存水素量がほかの商品より多ければ、水素の効果は十分に得られます。

 

500mlの水素水が良い!って方は、余った水素水はお肌に付けるなどしても良いですね!

 

トラストウォーターの販売元は、トラストネットワーク㈱です。

公式サイトも整備され24時間365日電話でのサポートも利用者には安心できるポイントです。

もちろんメールでの問い合わせも可能ですよ。

トラストウォーターのパンフ

飲み口のないアルミパウチの使いやすさは

水素水の容器として、一番最適なのはアルミパウチです。

ただ弱点もあり、飲み口がプラスチッック製のスパウトになっているので、ここから水素が抜けてしまいます。

そのデメリットを解消したのが、トラストウォーターの完全密封タイプのアルミパウチ。

飲み口のスパウトがありません。

トラストウォーターのパッケージ

これについては、口コミレビューでもいろいろな意見がありますが、実際に利用してみるとそれほど飲みにくさは感じません。

 

パッケージに切り込み線が入っているので、それに沿って開ければ開口部も小さいので直接飲む場合も、ジャボジャボと口に入ってくることもないですよ。

 

ただ、病気の方などベットに横たわったまま飲む場合は、飲みにくいと思います。

 

ですが、ストローを使えば、問題ないです。

もちろん、コップに注ぐのにもなにも不便さは感じません。

 

逆にスパウトタイプの水素水よりメリットがもう一つ見つけました。

スパウトタイプの水素水は、飲み進めていくと、スパウトの形状にもよりますが、最後の残りがとても飲みにくいです。

 

その点、トラストウォーターは、開封すれば最後の1滴まで飲み切れるので、高価な水素水を残さずに済むのでとても良いです!

 

デメリットしては、キャップがないので開封したら飲み切らないといけない点ですが、水素水は開封後早めに飲み切らないと水素が抜けてしまうのはどの商品でも同じなので、それほどマイナス面ではないと思います。

トラストウォーターの実際の水素水濃度をチェック!

トラストウォータの工場で充填した水素水濃度は3.0ppmです。

水素水トラストウォーター

では、自宅に届いて飲む時の水素水濃度はどれだけなのでしょうか?

トラストウォーターの水素水濃度実測結果はこちら!


水素濃度判定試薬で実際に測定したトラストウォーターの水素水濃度は1.3ppmでした。

 

水素水の効果を得られる0.8ppmを十分に確保していました。

 

これなら十分な還元力があるので、活性酸素を退治するには十分ですね!

 

開封後、1時間経った水素水濃度測定結果でも1.0ppmをキープ、400ml飲み切るのには十分な保持時間です。
(※開け口を開封したまま放置状態で1時間置いた濃度です。)

尚、トラストウォーターの賞味期限は公式サイトで記載がないですが、約5カ月です。

 

その1ヶ月後に再度購入して、2回目の溶存水素を測定!

前回、トラストウォーターの水素濃度の実測値は、1.3ppmでした。

トラストウォーターを買った写真

再度、トラストウォーターを購入して、1ヶ月製造年月日の違う商品の水素濃度を測定しました。

 

2回目のトラストウォーターの水素濃度結果

 

2回目に届いたトラストウォーターの商品パッケージが変わっていますね!

前回の商品には、水素濃度について記載がなかったのですが、新しいトラストウォーターのデザインには、「水素濃度 業界最高レベル3.0ppm」と大きく書かれています。

 

この業界最高レベルやトップクラスといった表現は、どこも宣伝文句で謳っていますけどね。。

 

実際は、実測してみないとわかりません。

2回目のトラストウォーターの水素濃度実測値は、1.06ppmでした!

溶存水素計でも高い数値となりましたね。

 トラストウォーターの公式サイト紹介

 

「トラストウォーター」は2014年から製造を開始。「健康寿命」を心掛けている水素水ブランドです。

 

商品に使用されているお水は、大分県の「大分くじゅう連山・天然地下水」を使用、このお水にこだわる理由は、長い年月をかけ山々に降り注いだ雨が自然のフィルター(地層)を通り抜けることで、より純度の高い軟水を使用することが出来るからです。

 

トラストウォーターは、プロアスリートやモデル・医療分野からも高い支持を得ており、雑誌やテレビでも取り上げられている注目の水素水です。

 

商品パッケージには特殊なアルミパウチを使用し、特許を取得しています。水素濃度はなんと業界最高レベルです。

 

水素の分子は非常に小さく軽いため、生成においても保存においても大変難しいとされてきました。

 

今までの商品では充填時の最高濃度は「1.6ppm」でしたが、トラストウォーターは長期に渡り独自の技術を編み出し「気圧を調整」することで充填時の濃度を「3.0ppm」にまで上げることを可能にしました。

 

更にこの高濃度水素水を保つために、商品パッケージにもこだわりました。

 

従来のペットボトルやアルミ缶・アルミパウチでは容器そのものから更には飲み口から、つぎつぎに水素が通り抜けてしまい、数日から約半年で水素濃度はほぼゼロになってしまっていました。

 

しかしトラストウォーターのパッケージはアルミパウチに特殊な4層構造を施し飲み口を作らないことで高濃度水素水を実現しています。

 

製造後のチェックも大変厳しく行われておりますので安全にお手元まで届けられています。

 

コメントは受け付けていません。