水素水ランキング【溶存水素計による高濃度評価】 | H2ラボ

アルミパウチの水素水商品は、最近ブームもありたくさんの種類が出ています。

ネットでも色々な口コミやランキングサイトで、各商品が紹介されています。

 

溶存水素計による水素水濃度測定

メーカーサイトでは、どこでも「業界トップクラス」と宣伝していて、正直どれが良いのか迷ってしまいませんか?

もちろん水素濃度も違いますし、内容量も500mlのものがあれば200mlもあります。

購入価格も定期購入で安く購入出来るものなど製品によって、特徴がありどれがいいのか判断がつきにくいですよね。

ですが、水素水を選ぶ基準として、やはり水素含有量です。

特に充填時の水素水濃度でなく、自宅に届いて飲む時にどれだけ水素が残っているかを知ることが大切です。

こちらでは、水素水濃度を実際に測り、実測値を元に濃度比較し偽りのないおすすめの水素水ランキングを紹介します。

このサイトでは、高精度の溶存水素濃度計を使用しています。

溶存水素計THD-100を使った測定ランキングサイトでよく目にするMIZ溶存水素判定試薬は特許を取っており、高濃度な水素水選びの判断になりますが利用する方の使い方(液の押し加減など)で結果が変わってきます。

実際に何度か同じ商品を試薬で試す度に濃度(滴下回数)が変わってきます。なので、このサイトではより信頼性のあるデータを紹介できるように高精度の溶存水素計を使用しています。精密機械なので、濃度をコントロールすることはできません。生のデータを公開します。

※水素濃度はPHに大きく左右されます。ここで使っている溶存水素計は試薬によりPHによる濃度の誤差をリセットすることでより、測定誤差±0.1ppmの高精度で測定できます

 

水素水ランキング!含有濃度と内容量でたっぷりとれるものは?

各商品の水素水濃度を「溶存水素濃度判定試薬」と「溶存水素計」を用いて、それぞれの溶存水素濃度を比較しています。

水素水の口コミやレビューサイトが多く散乱しているネット上で、活性酸素を撃退する本当に効果のある水素水はどれなのか迷ってしまいます。

今回、実際に商品の水素水濃度を測定した結果を元に、嘘・偽りのなく評価したおすすめの水素水を紹介します!

水素水ランキングの評価の考え方は、

①各水素水商品を2回測定(購入時と1ヵ月後)

②内容量をポイントとする(500ml→500ポイント)

③2回測定した値の平均水素濃度とポイントを掛け合わせた総合点数で客観的に評価しています・

同じ水素濃度でも内容量によって体に取り込める水素の量が変わってきますので、濃度だけでなく内容量も考慮して、1パックでたくさん水素を吸収できる商品を高く評価しています。

 

 

キャラ1位ナノ水素水キヨラビ

■キヨラビの総合評価:

平均水素濃度 内容量(ポイント) 総合点数
1.185ppm 500 592

キヨラビの濃度測定結果について!

水素濃度測定結果でランキング1位評価はビキヨラビでした。

工場での充填時水素濃度は1.6ppm。

パッケージに記載の溶存水素濃度は0.8~1.2ppmとなっていますが、測定結果は平均1.185ppmとなりました。

判定試薬でも1.2ppmと大きな差はありません。

水素水の生成方法はSGPフィルターという特殊な方法で、水を細分化することでより多くの水素を含有させる方法をとっています。

単に加圧充填しているのではないので、測定結果からも水素が抜けにくいのかもしれません。

商品開封後の水素濃度でも、1.13ppmと濃度減少量も一番少なかったです。

キャラ

■キヨラビの水素濃度測定結果

濃度測定1回目 1.31ppm
濃度測定2回目 1.06ppm
平均水素濃度 1.185ppm

キヨラビの溶存水素測定結果


 

 

 

キャラ2位ビガーブライト

■ビガーブライトの総合評価:

平均水素濃度 内容量(ポイント) 総合点数
1.185ppm 500 592

ビガーブライトの濃度測定結果!

ビガーブライトの水素水濃度の実測値は1.06ppmでした。

溶存水素判定試薬では1.4ppmだったので、比較値は大きな差となりました。

このように試薬は簡易測定なので、この実測値だけで判断すると濃度の低い商品を選んでしまうことになります。

とはいえ、有効とされる0.8ppmはクリア!

シリカも入っているので、美容目的にはおすすめの水素水です。

尚、ビガーブライトは充填時濃度は1.6ppm・商品が手元に届くときには最大1.2ppmで、開封1時間後の測定結果は、濃度減少量0.08ppmと比較した中では優秀な水素水でした。

キャラ

■ビガーブライトの水素濃度測定結果

濃度測定1回目 1.31ppm
濃度測定2回目 1.06ppm
平均水素濃度 1.185ppm

 

ビガーブライトの溶存水素測定結果


キャラ3位浸みわたる水素水

■浸みわたる水素水の総合評価:

平均水素濃度 内容量(ポイント) 総合点数
0.99ppm 500 495

浸みわたる水素水の濃度測定結果!

水素製品の開発や様々な研究を行っている水素健康医学ラボと共同で作られた浸みわたる水素水。

アルミパウチに記載している届いた時の水素濃度0.8pp以上に対し、測定結果はメーカー公表値に近い0.99ppmでした。

0.8ppmをわずかに上回る数値でしたが、他のランキングサイトでは高濃度で紹介されているのも見かけます。

試薬の測定結果でいくと1.0ppmと高濃度になりますが、溶存水素計では低い数値(公表値通り)となりました。

なお、1時間後の測定結果では、0.79ppmと0.8ppmを切っています。

キャラ

■浸みわたる水素水の水素濃度測定結果

濃度測定1回目 1.13ppm
濃度測定2回目 0.85ppm
平均水素濃度 0.99ppm

浸みわたる水素水の溶存水素測定結果

 


キャラ4位トラストウォーター

■トラストウォーターの総合評価:

平均水素濃度 内容量(ポイント) 総合点数
1.14ppm 400 456

トラストウォーターの濃度測定結果!

充填時の水素水濃度は業界トップクラスのトラストウォーター。

その濃度は3.0ppm!

飲み口もなく水素が抜けにくいアルミパウチを採用していますが、トラストウォーター購入後に届いた商品の溶存水素計を使った実測値は1.06ppmでした。

飲み口の有り無しは、水素の抜けにあまり効果を発揮していないのかも?

アルミパウチ開封後の測定結果では、0.91ppmと基準濃度は確保しています。

■トラストウォーターの水素濃度測定結果

濃度測定1回目 1.06ppm
濃度測定2回目 1.22ppm
平均水素濃度 1.14ppm
キャラ

トラストウォーターの溶存水素測定結果

 

 

 


 

コメントは受け付けていません。